新聞就職フォーラム(9月16・23日)

新聞就職フォーラム開催要項

2021年度入社をめざす新聞業界の就職フォーラムを東京と大阪で開催します。

 日本には全国紙、ブロック紙、県紙、地域紙、業界紙など多くの新聞社が存在し、取材記者、整理記者、校閲記者、広告、事業、営業、総務、新聞製作、印刷、出版など様々な職種の社員が働いています。
 新聞業界就職フォーラムは今回で17回目。大阪では13回目の開催となります。学生の皆さんに、新聞記者として働くこと、現役記者の体験談、仕事の本音を語っていただきます。

 記者職(東京・大阪)や広告・営業職(大阪のみ)など新聞社を目指す皆さんにとって必見のフォーラムです。

●フォーラム内容(予定)●
・新聞業界で働くことの意味や魅力、仕事に関する紹介
・新聞記者、新聞の仕事など、新聞社のジャンル別パネルディスカッションを行います。
・2020年度入社予定の内定者座談会で、内定者が就活を振り返りアドバイスします。

「新聞業界就職フォーラム2021in東京」

新聞業界をめざす方なら誰でもOKです。
●日時:2019年9月16日(月曜日・祝日)
開場9時30分、開演10時、終了予定17時の予定

●場所:東京(飯田橋)の「東京しごとセンター/地下2階講堂」
交通機関の案内は地図参照のこと。「飯田橋」か「水道橋」駅が近い。

●参加料:無料

●参加予定の新聞記者: ※コーディネーターは南彰・新聞労連委員長(朝日新聞)
【午前】
朝日新聞 高橋健次郎さん( 文化くらし報道部)
毎日新聞 中川聡子さん(統合デジタル取材センター)
読売新聞 浜名恵子さん(社会部)
日経新聞 根本舞さん(証券部)
共同通信 長尾一史さん(外信部)
NHK(友情出演) 藤原和樹さん(ディレクター) 
【午後】
北海道新聞 則定隆史さん(東京報道センター)
愛媛新聞 月岡岳さん(報道部=現・新聞労連書記長)
神奈川新聞 松島佳子さん(経済部)
中国新聞 小林佳奈さん(報道部)
報知新聞 加藤弘士さん(運動部) 

●募集定員:100名(ただし当日の直接参加も可能です)

●ボランティア募集(詳細は、件名に「ボランティア希望」と書いて事務局 kkato@shinbunroren.or.jp (担当:加藤)へメールして下さい。@は半角に直して下さい)

●現役記者による無料の「作文添削ゼミ」「模擬面接」を実施します。参加を希望する人はフォーラム当日に、次のテーマで課題作文を提出して下さい。(1)「新聞記者をめざす理由」のテーマで、作文を書いてきて下さい。作文の書式は、A4版の縦書き手書きで400字詰め原稿用紙2枚以内。テーマ名と大学名と氏名は1行目に記入して下さい。原稿用紙の裏面には〒番号と住所、連絡先の携帯電話を記入して下さい。よろしくお願いします。

「新聞業界就職フォーラム2021in大阪」

●日時:2019年9月23日(月曜日・祝日) 
開場9時30分。開演10時、終了16時30分の予定

●場所:エルおおさか(大阪府立労働センター)7階 734
  (大阪市中央区北浜東3-14)
交通機関:京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
     京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
     地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1200m
     JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m
地図はこちら

●参加料:無料

●参加する労働組合:在阪の各大手(全国)紙、神戸新聞、京都新聞、デイリースポーツ、日刊スポーツ、スポニチ、報知などの地方紙、スポーツ紙などの現役社員(組合員)。記者の他、広告・事業系社員も参加します。

●募集定員:50人(定員になり次第締め切り)

●当日の参加者には、現役記者による無料「作文添削ゼミ」の参加資格があります!(事前に作文選考あり)

(C)2019 新聞労連

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします

政府への「疑問」を率直に質問できる記者会見に戻してください!

 首相官邸による記者会見の質問制限問題で、新聞労連、民放労連、出版労連などのメディア関連労組でつくる「日本マスコミ文化情報労組会議(通称MIC)」は1日、change.org のキャンペーンを立ち上げました。

 皆さんの力で、政府への「疑問」や税金の使い道を率直に質問できる記者会見を取り戻すために。ご賛同をお願いします!