山陽新聞争議が全面解決

 労働組合の運動方針を理由に山陽新聞労組の正副委員長が、長年勤めてきた印刷職場から排除された山陽新聞社の不当労働事件が2月4日、全面解決しました。

 岡山県労働委員会が「見せしめ人事」と断じ、会社側の不当労働行為を認定する命令を出した後、正常な労使関係に戻すために山陽新聞労組が求めていた
 ①会社側の謝罪
 ②職場排除の理由として正副委員長の人格否定する記載をしていた前労担名義文書の無効確認
--などについて山陽新聞社が受け入れ。経営陣はこの日の解決交渉で「時代に合った新しい新聞社にしないといけない」と、長期間の争議を強いたことへの反省を踏まえ、労使関係の正常化を確約しました。

 昨年2月の市民集会をはじめ、この間の全国の皆さんのご支援に改めて感謝申し上げます。山陽労組と新聞労連、中国地連は2月9日午後6時半から岡山市勤労者福祉センターで報告集会を開きます。労組が「言論の自由」を守る役割をしっかりと果たしながら、真に岡山県民・市民に信頼される山陽新聞社を目指していきたいと考えています。

●田淵信吾・山陽新聞労組委員長
 2018年春の不当配転から約2年。長期間の争議を支えてくれた新聞労連、市民、読者の皆さん、職場の仲間に感謝します。民主主義の担い手であり、公正な社会を築くために大きな役割を果たさなければならない新聞社の中で、自由な労働組合活動や言論が保障されない異常な状況を改める第一歩になりました。正常な労使関係を確立し、今後もさらに働きやすい職場づくりのために尽くします。

●南彰・新聞労連委員長
 長年印刷職場で築き上げたキャリアと尊厳を傷つけられた2人に対し、社内外の皆さんが支援を寄せてくれたおかげで、全面解決に至りました。この間の多大なるご支援に感謝します。今後は山陽労組、第一労組、経営陣の間で信頼関係をはぐくみながら、一緒になって岡山県民にさらに頼りにされる新聞社を目指してほしいと願っています。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします

政府への「疑問」を率直に質問できる記者会見に戻してください!

 首相官邸による記者会見の質問制限問題で、新聞労連、民放労連、出版労連などのメディア関連労組でつくる「日本マスコミ文化情報労組会議(通称MIC)」は1日、change.org のキャンペーンを立ち上げました。

 皆さんの力で、政府への「疑問」や税金の使い道を率直に質問できる記者会見を取り戻すために。ご賛同をお願いします!