歩み

1946年2月9日日本新聞通信(放送)労組(新聞単一)結成
組合数33、組合員22,335人
1948年7月29日
全日本新聞労働組合(全新聞)結成
104支部、22,600人
1950年6月30日 日本新聞労働組合連合(新聞労連)結成
14組合、10,800人
1951年7月18日 東京主要新聞・通信7社とNHKのレッドパージが始まる
(8月末までに49社、704名を追放)
1954年1月24日 全新聞、戦線統一の声明、解散
1955年6月18日 新聞労連、総評に加盟
1963年11月9日8単産でマスコミ共闘を結成
1989年9月22日 総評解散、以来、新聞労連は中立の立場を取り続ける
1995年7月21日 IGF(国際印刷労連)、IFJ(国際ジャーナリスト連盟)に加盟(現在IGFは、UNIグラフィカル)
1996年7月25日 第1回新聞労連大賞発表
1997年1月30日 「新聞人の良心宣言」を採択
1998年3月12日 報道被害相談窓口を開設 (現在は各社で窓口を開催しているため閉鎖)
2005年8月15日 「しんけん平和新聞」を創刊