「北村肇さんを偲ぶ会」オンライン配信のお知らせ

 一昨年12月に亡くなった北村肇さん。「毎日新聞労働組合」や「新聞労連」の委員長を務め、『週刊金曜日』発行人としても活躍されました。本来ならば昨年、多くの方にお集まりいただき追悼する会を実施する予定でしたが、「新型コロナウイルス」感染拡大の影響を受け叶わず、そのまま延期となっておりました。こうしたなか、政権はますます劣化し、私たちメディアの責任も問われています。北村さんは「新聞労連」委員長時代、「新聞人の良心宣言」を確立しました。20年以上前のものになりますが、そこに目を通すと、いまでも色あせていないことがわかります。そして権力者への批判は容赦なく、弱者への眼差しを忘れない、何よりも命を大切にするジャーナリストでした。
 今回「新聞労連」「毎日新聞労働組合」「金曜日」は北村さんの功績を偲び、これからのジャーナリズムを考えるために「北村肇さんを偲ぶ会」を下記の通り執り行います。
 コロナ禍による開催のため「ツイキャス」によるオンライン配信となりご不便をおかけしますが、どうぞご参加くださるようよろしくお願いいたします。

                  発起人
日本新聞労働組合連合(新聞労連)委員長   吉永 磨美
毎日新聞労働組合委員長           大久保 渉
『週刊金曜日』発行人            植村 隆

                        

「北村肇さんを偲ぶ会」

日 時 2021年4月4日(日)14:00~ 視聴方法等詳細はこちら

参加費(チケット) 300円

※「ツイキャス」によるオンライン配信です。視聴方法はこちらをご覧ください。
※別途システム使用料100円がかかります。
※アーカイブ視聴期間 2021年4月18日(日)23:59まで
※お手数ではありますが、「ツイキャス」にアカウントを登録し、ログインのうえチケットを購入してください。

式次第(予定)

・送る言葉 

・ご生前の動画上映

・座談会シンポジウム「北村肇が遺したもの――これからのジャーナリズムを考える」

司会 南彰(前新聞労連委員長)

片岡 伸行(記者)

朴 慶南(作家、エッセイスト)

明珍 美紀(元新聞労連委員長)

豊 秀一(『朝日新聞』編集委員)

【問い合わせ】
新聞労連   03-5842-2201    info@shimbunroren.or.jp
金曜日業務部 03-3221-8521    book@kinyobi.co.jp

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします

十分な時間を確保したオープンな「首相記者会見」を求めます!

 新型コロナウイルス対策に関する首相記者会見のあり方をめぐり、新聞労連、民放労連、出版労連などのメディア関連労組でつくる「日本マスコミ文化情報労組会議(通称MIC)」は3月5日、change.org のキャンペーンを立ち上げました。
 国民・市民の「知る権利」を実現するため、メディアの労働組合や1人1人のジャーナリスト、市民らが共に声をあげることによって、今の状況を変えるための署名です。ぜひ、ご賛同よろしくお願いいたします。