『失敗しないためのジェンダー表現ガイドブック』発刊記念イベント

トークセッション 「失敗しないためのジェンダー表現―現役記者と考える

 ジェンダー平等を日本で早く実現したい。それにはまず、自分たちの発信から見直さなければならない――。現役の新聞記者たちの強い危機感から生まれた、「失敗しないためのジェンダー表現ガイドブック」(小学館)が2022年3月22日に発刊予定です。本書の執筆・編集に携わった新聞労連組合員の記者たちが、参加者と一緒に、メディアが発し、普段から無自覚に話したり、書いたりしている表現について、ジェンダー的視点から語り合うイベントを開催します。ジェンダーの視点から見て配慮のない表現を無自覚に使っていることへの「気づき」やジェンダー表現に関する判断軸を持つ大事さについて語り合えたらと考えています。

■開催日時:2022年3月6日(日)13時―15時 オンラインで実施します。

■参加申込み:グーグルフォームで事前受付をします。受付けURL:https://onl.la/BiHtEdB

■参加費:無料 (オンラインアクセス先は、申込み時に記入したメールアドレス宛に前日の5日までにお送りします)

■内容 トークセッション(ネット配信を視聴する形式)

ゲスト:お笑い芸人・モバイル・プリンスさん

主催:新聞労連/協力:小学館

■スケジュール

12時50分~ 受付、入室開始

13時~ イベント開始

ご挨拶:吉永磨美(新聞労連委員長/毎日新聞労組)

13時05分~「トークセッション」

コーディネーター:中塚久美子記者(新聞労連特別中央執行委員/朝日新聞労組)

■登壇者:ゲストはモバイルプリンスさん。記者は乾栄里子(徳島新聞)、栗林史子(朝日新聞)、秀野太俊(愛媛新聞)、松元千枝(フリーランス)。ガイドブックを担当した約20人を代表して、4人がモバイル・プリンスさんと登壇。本書で取り扱った、①新聞記事に見る事例と改善案、②webに見られる表現、③弱者に寄り添うジェンダー表現(性暴力)、④メディアの現状(調査など)を語り合う。参加者から集まった普段から疑問に思う表現についても改善案など、トーク形式で紹介します。(15時終了予定)

問い合わせは新聞労連・加藤、吉永(03-5842-2201)/ メール info@@@shimbunroren.or.jp (@を2つ取って下さい)

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします

取材記者を含む多くの性暴力被害をなくすため、長崎地裁に公正な判決を求めます!