第50回JTC記者研修会開催決定

 新聞労連新聞研究部は、5月22日 (土)、23日(日)に「悩みながら聞く、書く なぜ?」をテーマに、第50回JTC若手記者研修会を開催します。東京都・文京区で実施しますが、リモート参加も可能です。

 初日は、裁判報道、匿名・実名などについてシンポジウムやディスカッションを通じて考えます。二日目は、ジェンダーやマイノリティーなどがテーマです。現在、講師の皆様に交渉中ですので、詳細はもう少々お待ちください。受講対象は入社3年~10年目程度の組合員です。

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします

十分な時間を確保したオープンな「首相記者会見」を求めます!

 新型コロナウイルス対策に関する首相記者会見のあり方をめぐり、新聞労連、民放労連、出版労連などのメディア関連労組でつくる「日本マスコミ文化情報労組会議(通称MIC)」は3月5日、change.org のキャンペーンを立ち上げました。
 国民・市民の「知る権利」を実現するため、メディアの労働組合や1人1人のジャーナリスト、市民らが共に声をあげることによって、今の状況を変えるための署名です。ぜひ、ご賛同よろしくお願いいたします。