オンラインシンポジウム:新聞(業界)にジェンダー平等はできるの?

 「ジェンダー平等」を訴えながら、紙面でも、組織内でも、ジェンダー平等からほど遠いのがメディア、新聞業界の現状です。
 改善が必要だとわかっていながら、ほとんど変わっていません。変える方法がわからないからでしょうか? 本当は変えるつもりがないからでしょうか?明確なのは、このままでは未来がない、ということです。変える方法を思いついたとしても、どうすれば実行できるのでしょうか?
 シンポジウムでは、新聞社、メディアにおけるジェンダー平等実現への道を徹底的かつ具体的に探ります。女性だけの問題ではありません。男性からも赤裸々な実情や本音を語っていただき、議論を深めていきます。その成果は、新聞労連が検討中の「ジェンダー平等宣言」につなげていきます。みんなで語り合いましょう。参加費は無料です。ぜひご参加ください。

開催日時:2021年5月29日 午後2~4時
開催方式:オンラインと出版労連会議室(東京都文京区本郷4丁目37−18 いろは本郷ビル)

内容

<第1部>
新聞労連のジェンダー平等に関する報道への理解度や国際女性デー報道についてのアンケートの結果報告と検証解説
■登壇者
林香里・東京大学大学院情報学環教授
吉永磨美・新聞労連委員長

<第2部> 
パネル討論「ジェンダー平等の実現のために何をすればいいか」
■コーディネーター
中塚久美子さん(朝日新聞記者) 
■登壇者
塩田彩さん(毎日新聞記者)
秀野太俊さん(愛媛新聞記者)
佐藤百合さん(神奈川新聞記者)
岸田花子さん(民放労連中央執行委員)
小林基秀元労連委員長(北海道新聞編集本部委員)
※林香里先生からもご意見を伺いながら、会場の発言も交えて討論します

参加方法

下記のウエビナー登録をお済ませください。
ウェビナー登録は こちら

問い合わせは、新聞労連本部・月岡 及川まで
Email:info@shimbunroren.or.jp  
TEL:03-5842-2201/FAX:03-5842-2250

この記事が気に入ったら「いいね!」をお願いします

十分な時間を確保したオープンな「首相記者会見」を求めます!

 新型コロナウイルス対策に関する首相記者会見のあり方をめぐり、新聞労連、民放労連、出版労連などのメディア関連労組でつくる「日本マスコミ文化情報労組会議(通称MIC)」は3月5日、change.org のキャンペーンを立ち上げました。
 国民・市民の「知る権利」を実現するため、メディアの労働組合や1人1人のジャーナリスト、市民らが共に声をあげることによって、今の状況を変えるための署名です。ぜひ、ご賛同よろしくお願いいたします。